stessa

記事一覧(29)

秋のバス旅行

去る9月12日に毎年恒例となりました「秋のバス旅行」へ行って参りました。
今年のバス旅行は、少し趣向を変えてフェリーに乗っての日帰りバンクーバー島「ブッチャードガーデン」観光バスツアーでした。当初、桜楓会の会員の方々も、バンクーバーへ移住なされた最初の頃はブッチャードガーデンは有名な観光スポットですから、当然誰もが何度か訪れたことはあるけれども、移住生活も20年30年となると、もうブッチャードガーデンへ久しく行かれてなくて、皆さんにとって懐かしい観光スポットかな?と思い企画いたしました。
が、やはり少し遠いのと、そのために利用する観光バスのチャーターの件、有名な観光スポットであるブッチャードガーデンの少々高い入園料、それに加えてブッチャードガーデン内でのアフタヌーンティー付きという少々高価なバス旅行になってしまいました。そのためか残念ながらご参加頂いた人数は14名と少し小規模なツアーとなりましたが、そのぶん和気藹々とした出発となりました。 
お天気も少々心配しておりましたが、前日にはヴィクトリア方面の天気予報が晴れ時々曇りと上々の予報が出て、心配も晴れて良い気分で出発出来ました。

バスは、ダウンタウンを出発後、途中リッチモンドの集合場所で数名をピックアップして、一路ツワッセンのフェリーターミナルへ。ここで少し変則的なパターンとなり、一旦バスを乗り捨てて、フットパッセンジャーとしてフェリーに乗船。 というのも近頃の法律で、チャーターバスの運転手さんの拘束時間に制限が出来たそうで、スケジュールを完了するには、一人の運転手さんでは拘束時間をオーバーしてしまうので、バンクーバー側の運転手さんとヴィクトリア側の運転手さんを別々にする必要がありました。そのぶん参加なされた方々の多くが、車でフェリーに乗船したことは何度もあるけど、歩いてフェリーに乗船したのは初めてと、珍しい体験を楽しんでおられる方もおられました。
フェリーのデッキから鏡のような海と綺麗な島並みを眺めていると、あっという間にヴィクトリア側に到着して、フェリーターミナルで待機していたチャーターバスに乗り込んで、約30分でブッチャードガーデンに到着。ガーデン内でのアフタヌーンティーの予約時間までの約1時間強、のんびりと庭園内を散策しました。


季節的に夏のバラのシーズンも終わりに近付き、ダリアも終わりかな、どんな花が残ってるのだろうか、と心配してましたが、ブッチャードガーデンに到着した途端、それが危惧であったことが判明。庭園敷地内は、もうため息が出るほど美しい花々で溢れていました。そこかしこに豪華で大きなフラワーバスケットが掛かり、花壇には色とりどりの花が、それも素人には思いもつかないような素晴らしい色の組み合わせで植えられており、またあの有名なサンケン・ガーデンは絵葉書どおりの美しさでした。

そうこうしていると、アフタヌーンティーの予約時間になり、園内のレストランへ向かうと、残念ながら私達のアフタヌーンティーは本館のほうではなく、新しくできたカフェテリアの一隅を仕切ってテーブルを作ってありました。
それでもきちんと白いテーブルクロスが掛けられていて、内容はグラスに入ったイングリッシュトライフル(カスタードやスポンジ、フルーツを器の中で層状に重ねたデザート)と、三段重ねのアフタヌーンティーのお皿には食べきれないほどのサンドイッチやスコーン、スィーツが載っていました。お茶はオレンジペコかコーヒーが選べました。また食べきれない人のために持ち帰り用の箱も用意してありました。それでも完食される方もいて、桜楓会の方々の健康な胃袋に感心いたしました。

食事のあとはギフトショップでお買い物も堪能して、後ろ髪を引かれながらバスに乗り込み、次の目的地のハニーファームへと向かいました。
そこは文字通りの自家製オーガニックのハチミツ専門店で、近くにある花畑ごとの違った種類のハチミツや、ラベンダーやクローバーなど花の種類別のハチミツや、はてはウイスキーの樽に入れて作ったウイスキーの香りのあるハチミツなど、テイスティングしてみるとどれも欲しくなる美味しさでした。

その後、バスはアップルサイダー醸造所へ行き、リンゴ園の向こうに入江が見える素晴らしい景色を眺めながら、3種類のアップルサイダーのテイスティングを楽しみました。アップルサイダーとはリンゴ酒のことで、一口にアップルサイダーと言っても、それぞれに違った味わいで、興味深いし美味しいしで、のんびりとした良い時間を過ごしました。
すべての行程が終わり、行きと同じようにフェリーに乗って帰路に着きました。只、行きと違って帰りはブッチャードガーデンやハニーファーム、さらにアップルサイダー醸造所での買い物も持っての帰り道だったので、バスからフェリーへの乗り換えの時などに荷物を抱えて少々お疲れになられた方もいらっしゃったので、その点は反省点として来年のバス旅行の企画に反映させていこうと思っております。
最後に、今回もすべての手配と、バスの中で食べるおやつ袋まで用意してくれたARA TRAVELの荒木氏に、心から感謝いたします。 

夏の懇親食事会

今年の夏の懇親会は8月29日水曜日、昨年と同じリッチモンド・カントリークラブにて4時30分過ぎから開催されました。日本からバンクーバーに旅行で来られている数名のお客様達も含め、昨年よりも1.4倍も多い総勢64名の方々が参加されました。
久保会長の挨拶の後、すぐに食事の予定でしたが準備に少し時間が掛かっていましたので、皆様にはしばらく歓談をして頂く事になりました。それでも5時前には準備が完了し、ローストビーフ・バッフェを順番にお好きなだけお取り頂き、お食事が始まりました。皆様それぞれの近況等、いろんな話題で会食をされている中、一時間ほどして、はるばるナナイモから初参加で、しかもフェリーが3時間遅れとの事で心配していた米原ご夫妻が無事到着され、ホッとひと安心と云うハプニングもありました。
食事がそろそろ一段落したところで、恒例の「2ドル争奪ジャンケン・ゲーム」を始めました。最初にジャンケンに勝った方々に舞台前に出て頂き、さらに2度、3度と勝ち抜きジャンケンを繰り返し、最後まで勝ち残った今年最強の幸運の持ち主はポール安藤さんとなりました。 総額120ドル強を獲得されました。安藤さん、おめでとうございます。

ゲームでワイワイと盛り上がった後は、バンクーバーで幅広く活躍されているハーピストの大竹美弥さんの演奏に移りました。
演奏はロッシーニのハープのためのソナタから始まり、デボラ・ヘンソン-コナントのナイチンゲール、シューベルトのアヴェマリア、ドビッシーのアラベスク、もう一度デボラ・ヘンソン- コナントのバロック・フラメンコ、と軽快で可愛いおしゃべりと感動的な演奏が続きました。
最後にオルティスのジャスティン・ビーバー風ハバネラで終わりましたが、突然、大竹さんから提案があり、当日お誕生日だった久保会長へのサプライズのお祝いとして、参加者全員が大竹さんのハープの伴奏に合わせ、ハッピーバースデーの合唱を贈りました。アンコールには有名なタイム・トゥ・セイ・グッバイを演奏してくださり、万雷の拍手の中で演奏は終了しました。素晴らしいハープ演奏に興奮覚めやらないところでしたが、ちょうど閉会の時間となり、今年の夏の懇親会を無事終了いたしました。 

歩こう会

8月10日(金)、スタンレーパークにて毎年恒例の桜楓会の歩こう会を行いました。
今年のバンクーバーの夏はずっと暑い日が続いて乾燥し、BC州では森林火災が400ヶ所以上から発生し、その煙が空を覆い、空気も悪く見通しも最悪で、また、他のイベントとも重なったために、残念ながら参加者は6名となりました。
10時半過ぎに、デンマンSt.とウエスト・ジョージアSt.の交差点北側にあるデボニアン・ハーバーパークの駐車場を出発し、海沿いにダウンタウンのビル群を右に見ながら進みました。途中から左折し水族館の前を通って北へ抜け、パイプライン・ロードを超えてビーバーレイクまで色んな話をしながら歩きました。ビーバーレイクは成長しすぎた水草が一面に覆っていて水面はほとんど見えなくなっていましたが、それでも色とりどりの蓮の花が思った以上に綺麗に咲き乱れ和ませてくれました。


スタンレーパークはかなりアップダウンがあり、また、蒸し暑くなってきたため急遽予定を変更、ショートカットして帰路のローズガーデン方面へ向かいました。さまざまなバラやカラフルな花々を眺め写真も撮りながら、それでも1時間以上歩きましたので、そろそろ出発点の駐車場に向けて帰ろうとしたところ、ちょうど目についた看板に引き寄せられて、全員でスタンレーズ・バー&グリル・レストランに飛び込みビールで乾杯。涼を取りホッと一息を入れました。数点のおつまみも注文して疲れを癒しました。次回は桜の季節にしてはどうかとか、桜楓会向けには難度別に3コースぐらい用意してはどうか、などと意見が交わされ、この日の歩こう会はこちらで三々五々解散となりました。 

教養講座「カナダの温泉堀り よもやま話」

 2月28日(水)の午後、日系センターでマイク佐藤さんによる「カナダの温泉堀り よもやま話」講演会が催されました。桜楓会恒例の教養講座の一環で、およそ40名の参加者が集う中、桜楓会会員でもあるマイク佐藤さんのユーモアあふれるお話に会場はしばし笑いの渦に包まれました。
マイクさんは日本で大学を終えた後、世界各地の放浪の旅に出た末に、25歳の時にトロントで毛皮のビジネスを始めて成功。しかし“カナダに日本式の温泉を造る”という夢に突き動かされて、カナダの温泉の85%が集中するBC州のバンクーバーへ移動。そこでまずは監督官庁に働きかけて、日本式の温泉開発に取り組むことになるのですが、そこにはとてつもなく大きな、高い壁が立ちはだかっていました。
まずはカナダには日本のような「温泉法」がなく、安全性や快適性を考えて自然の湯溜まりに少しでも人工の手を加えると、「プール法」の適用がなされてしまいます。その結果、お湯の温度は38℃以下、塩素消毒の必要があり、循環式の水槽と水着の着用が求められるというふうに、日本の温泉とはまるで違ったものになってしまうのです。泉かけ流しで入る日本式の露天風呂を目指すマイクさんの、監督官庁との折衝は苦闘の連続でした。
しかしその努力の甲斐あって、数年前にBC州北部のミーガークリークで、初めて「プール法の適用外」の温泉が認められました。しっかりしたコンクリート製の湯舟を造り、脱衣のための施設などを併設した人工の施設でしたが、水着着用なしの、日本のものに近い風情の温泉が初めてカナダにできた瞬間でした。これを皮切りに、マイクさんはいろいろなところに温泉を造営するべく、奮闘中です。最近では、こうした温泉を活用しながら、日本式の温泉旅館を造ってカナダに住む温泉ファンに楽しんでもらいたいと願う若い人たちが出てきています。この日の講演会ではそうした若者たちも熱心にマイクさんの話に聞き入っていました。
ふだんはなかなか聞けないような「カナダの温泉」という特異な世界の話で、加えて山の中の現場が多いという特殊性から、冒険物語のような話も飛び出してきて、実に楽しい、ワクワクするような2時間でした。
桜楓会会員のなかには、特殊な経験や技量をお持ちの方がきっとたくさんいらっしゃることと思います。そうした会員の方を探し出して、またこのようなお話の聞ける機会を作ろうと思っています。 

秋のバス旅行

9月18日の月曜日、 桜楓会の秋のバス旅行が実施されました。まずアボッツフォードのアップルバーン・ファームに向かい、 恒例行事になったりんご摘みを行いました。 昼食はフジヤのおにぎり弁当をファーム内のテントの中やバスの中にそれぞれ分かれて席を取り、美味しくいただくことができました。さらにバスの中では旅行会社の準備してくれたおやつも配られました。
一段落したところで、次のオーガニックのブルーベリーワインを醸造しているリップルワイナリーに向かいました。 綺麗に整備された庭園と、カナダでは珍しい錦鯉の池があるワイナリーのお洒落な暖房の効いた休憩室でブルーベリーワインの説明を聞ながらテイスティングを楽しみました。   ここから帰路になり、途中のメープルリッジにある四世代続く漁師一家が経営するブルース カントリーマーケットに向かいました。自社船の刺し網漁で獲ったサーモンの直売所にて、スモークサーモン、缶詰、サーモンジャーキーなどをお手頃価額で買うことができました。店自慢のサーモンチャウダーを味わっている人もいました。最後に、やはりメイプルリッジにあるゴールデンイヤーズ・チーズ クラフターズに向かいました。 そこは二人の姉妹が始めたお店で、様々なチーズや珍しいアイデア商品がたくさん揃っており、ここでも皆さん買い物を楽しんでおられました。
今年もお天気が不安定ではありましたが、さほど濡れることもなく、秋の味覚買い出しの旅が無事に終わり、最後にバスの車窓から綺麗な虹を眺めながら、帰路に着くことが出来ました。